FC2ブログ





三つの肉穴を使い回されて悦んでいる、どうしようも女です。どうぞ蔑み、嘲笑し、貶めて下さい。肉の玩具として、もっともっと堕ちていきたい。。。



プロフィール

メグ

  • Author:メグ
  • 39歳。
    販売業パート勤務。
    既婚。子供なし。



最近の記事



カテゴリー



フリーエリア

<



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



輪姦の女神 LOVE-POEM
カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



ブログ検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


21歳ー輪姦2
私がなすがままになったので、4人は安心したらしい。今更のようにシャツや腰に巻きついていたスカートを剥ぎ取りながら、これなら訴えたりしないだろう、というようなことを話している。
 安心したのは私もだった。
 私が本当に怖かったのは、このままずっと連れ回されて、最悪殺されるんじゃないかってことだったから。

 ほっとしたら腰がいきなりむずむずしてきた。口から声も漏れた。イキだすと、もう止まらなかった。
 一人が仰向けに寝転がって、「自分で入れろよ」と言った。明らかに面白がっていた。
 不思議なことに屈辱を覚えれば覚えるほど、体は敏感になっていく。 跨って声を上げながら腰を揺すっていたら、肩を押されて前に倒された。誰かの手がお尻をつかみ、谷間を開く。何だろうと思って振り返ろうとした時、肛門に焼け付くような痛みが走った。
 あまりの激痛に私は悲鳴をあげ、無我夢中で腰を引こうとした。けれど、お尻も腰も肩も背中もがっしりと押さえ込まれて身動きできない。

 おかしな感覚だった。
 押し込まれると口から内臓があふれ出しそうになり、引くとウンチを出すときと同じ感じがする。二つの穴とも、これ以上ないくらいにいっぱいに開ききっていて、どっちの穴のどこが痛くてどこが気持ちいいのかもわからない。お腹の中がぐちゃぐちゃになる。髪をつかまれ、口も塞がれた。あんまりだと思った。何もかもどうでもよくなった。

 お尻もアソコも口も、火がついたみたいに熱い。
 甘い疼きが腰から全身に広がっていく。
 いいように体を揺さぶりたてられている間中、私はとろけるような声を口の端から洩らし続けていた。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]


テーマ:画像+日記 - ジャンル:アダルト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。